どの病気でも早期発見は完治への近道です。子宮内膜症も例外ではありません。子宮内膜症は骨盤内で起こる疾患で、通常目に見えて分る症状はありません。但し子宮内膜症による痛みを感じる事が多くあります。それではなぜ子宮内膜症は起こるのでしょうか。子宮内膜症の原因は毎月起こる月経の月経血は通常体外に排出されますが、これが卵管を通ってお腹の中に逆流 してしまう事で色々な不都合が起こってきます。子宮内膜症を放っておくと体内で臓器と臓器もしくは臓器と器官の癒着が起こりますが、これにより女性で問題になってくるのが不妊症です。卵管がどこかと癒着した場合は、排卵が起こったとしても、卵子が卵巣を上手く通って行けない為に不妊の原因になることがあります。
☆子宮内膜症・更年期障害にはピクノジェノール|女性のお悩み解決☆