設計においてCADは欠かせないものとなっています。
製品の設計では仕様の見直しは必ず起こるもので、修正を加えやすい電子データならそれが容易になります。
また、電子データならばデータのやり取りがスムースで、発注する際はメールでデータを転送すれば済みます。
そして、管理が楽になる点も見逃せません。
データが紙と比べコンパクトになるため、DVD-Rに焼けば保管場所は必要ありません。
設計関係者にとって、CADなしの世界はありえないのではないでしょうか。
そのような理由で経験者は引っ張りだこです。
就職には有利に働きますし、転職しなくても設計の人間なら習得は必須でしょう。
ソフトの操作ですので、操作を覚えるだけなのですが、仕事で利用するのなら使えるだけでは済まされず、そのスピードも求められます。
つまり、幅広い操作性をどこかで学ばなければなりません。
それをしているのがアビバのスクールのCAD講座です。
二つコースがあり、一つは建築用のものを学べるのですが、実務を重視しているのか講師に建築士を迎えています。
そして、実践に適応できる程身についたのなら、求人サポートまでしてくれますので、そのまま就職も可能なようです。
もう一つは、「利用技術者試験2級」試験対策のコースで、初めての学習用の講座になっているそうです。参考サイトはコチラから