交通事故が発生すると、車が破損したり、あるいは運転手および同乗者が命を落とし、あるいは怪我をしたりすることが多いです。
その場合、加害者は被害者に対してお詫びとともに、壊したものの弁償をする必要があります。
また、怪我をして病院に担ぎ込まれた場合は、治療費用を支払わなければなりません。
それらの、実際に動くお金とは別に、示談金を支払うことも有ります。
被害者の怪我が癒えて元の生活に戻ろうとした時に、加害者が被害者に対して示談書を請求する時に手渡す現金が示談金と言うものになります。
慰謝料と同じ意味で使われることも有ります。
「自賠責基準」「任意(保険)基準」「弁護士会(裁判)基準」という3つの基準で、いくら支払われるかが決定します。
交通事故による慰謝料は、基準によって賠償額が大きく違ってきます。
一般的には「弁護士会(裁判)基準」で算出するとが、高い金額になります。
また、示談金交渉の相手は直接の加害者本人にするのではなくて大抵、損害保険会社になるので、弁護士に依頼することになります。
その場合は、弁護士ならば誰でもいいと言うのではなくて、損害保険会社の内状に精通した弁護士を選ぶことが非常に大切なことになってきます。